うさぎの飼い方 「食事、水、オヤツの与え方」〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」

うさぎの飼い方「食事、水、オヤツの与え方」 〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > 食事、水、オヤツの与え方  
うさぎ飼育用品紹介

うさぎのニュースや写真画像、グッズ商品などのうさぎ情報をツイート。無言フォロー歓迎

うさぎ飼い方うさぎの基本的な食事

主食 ペレットと牧草
与える時間と量 ペレットと牧草は基本的に好きな時間に食べられるようにします。 もし、ペレットを食べ過ぎてしまうようであれば、朝夕2回、体重の2〜3パーセントの量を与えます。 もっとも、ペレットによって適切な量も変わってくる場合があるので、 購入したペレットの包装紙に大抵適切な与え方が記載されている内容に従って与えてください。 ※時々、ウサギの健康のために牧草だけでペレットは与えないという飼い主さんがいます。  しかし、それでは栄養が足りなくなってしまう可能性が高くなるので、基本的には ペレットを説明書に記載されている量を与えることが望ましいです。  牧草だけで育てることは栄養失調や、最悪の場合、死んでしまうこともあります。
餌が古くならないように毎回または毎日食べ残しは捨てます。

ペレットについて

牧草を主原料に栄養バランスを考えて作られたウサギの主食のためのペットフード。 保存ができ、栄養バランスが取れているペレットを主食にします。 食べ過ぎると肥満の原因になるので適正な量を与えます。

おうちに迎えたときは、ペットショップで与えられていたペレットを与えます。 なぜなら、うさぎは本能的に普段食べているエサ以外は食べないので、 新しいペレットをすると食べないことがあるためです。 そこで、ペレットを交換したいときは、新しいペレットを少しずつ混ぜて 徐々に新しいペレットの割合を増やして慣れさせていきます。

ペレットにはウサギの年齢や毛質などに応じて様々な種類のペレットが販売されています。 肥満が気になるウサギのためにダイエット用のペレットフードもあります。 ペレットには形状で大きくハードタイプとソフトタイプに分かれています。

ハードタイプ  長所は歯を削ることで、短所は歯の老化を招きます。
ソフトタイプ  歯を削ることができません。

購入の際に注意する成分はタンパク質とカルシウム、繊維質です。
繊維質  数値が高いものがよい。20パーセントが理想
タンパク質  取りすぎは肥満の原因になります。 13パーセントが理想。
カルシウム  取りすぎは尿結石の摂取不足は骨折の原因になります。

牧草について

牧草は、繊維質が豊富なので胃腸の働きを活発にしてくれるので、 毛玉症の防止に役立ちます。また、食べるときに奥歯をすり減らすので 不正咬合の防止にも役立つうさぎの健康食品です。 カロリーも低いのでいつでも好きなだけ食べられるようにしておきます。

牧草は大きく分けて、マメ科のアルファルファとイネ科のチモシーがあります。

[アルファルファ]
 イネ科に比べて高タンパク、高カルシウム。  成長期の子ウサギ(1歳まで)向け
[チモシー]
 比較的低タンパク、低カルシウム。大人のウサギ向け

チモシー アルファルファ
一番刈り 二番刈り 三番刈り
若いうちに刈り入れられる。 繊維質67.4%以下。カルシウム0.32%以下。 茎が少なくやわらかい。 繊維質49.97%以下、カルシウム0.8%以下。 穂ができる前に刈り入れるためカロリー高め。 繊維質47.8%、カルシウム0.3% 栄養価が高く嗜好性が高い。 子ウサギや牧草嫌いの子によい。 繊維質30%以下、カルシウム1%前後。


うさぎ飼い方うさぎと水

毎日朝夕2回、新鮮な水を与えます。

衛生的なペット用水のみボトルは衛生的です。 器にいれると、足を入れたり、水をこぼしたりして衛生的ではありません。 ただし、ペット用水飲みボトルだと、初めは飲み方がわからない子もいます。 ちゃんと飲めているかを確認して、飲み方が分からないならば飲み方を教える必要もあります。 ウサギの喉が乾いているときに、口を水の飲み口に近づけて水を少し出してやると覚えることができます。

「うさぎは水を飲まない。」「水を飲むと下痢をして死んでしまう」と ちまたで言われることがありますが、これは迷信で、うさぎも生き物なので 水を飲まなければ生きていけません。いつも新鮮な水が飲めるようにしておきます。


うさぎ飼い方うさぎの副食・オヤツ

主食以外に与えることができる食事として、野菜、果物、野草があります。 また、市販のお菓子も数多く販売されています。 基本的に食事は、ペレットと牧草で十分なのであげすぎには注意します。

[野菜]
新鮮な野菜を与えると好んで食べます。 ときどきは食事に盛り込んであげるとうさぎが喜びます。 病気で食欲がないときなどに与えるのもよいです。 食物繊維の補給にもなります。 ただし、ウサギにとって危険な野菜もあるので、与えてもよいのか調べてから与えます。

[果物]
甘い果物はうさぎが大好き。あまり与えすぎると肥満の原因になるのでご褒美のときや しつけなどのときに少量与えます。

[野草]
新鮮な野草もウサギは大好きです。 ただし、公園などに生えている野草は農薬や自動車の排気ガス、 犬猫の糞尿などで汚染されている可能性があるので気をつける必要があります。

[オヤツ]
大きく分けてスナック系と干した果物系があります。 与えるものは、うさぎの健康によいものを与えるのがよいです。 パイナップルに含まれる酵素は毛玉症予防によいです。 うさぎはもともと穀物を食べない動物なので、小麦粉などの 炭水化物が含まれているものは控えたほうがよいです。


食べられる野菜
小松菜、ちんげん菜、キャベツ、大根の葉、カリフラワー、人参、 かぼちゃ、セロリ、パセリ、ブロッコリ、ラディシュの葉、グリーンレタス、 サラダ菜、チコリ、セロリ、ミント、ローズマリー、タイム、 サンフラワー、セージ、コリアンダー、キャラウェイ、クレソン、ゼラニウム、ローリエ
食べられる野草
たんぽぽ、レンゲ、ハコベ、クローバー、オオバコ、ナズナ、 シロツメグサ、ノコギリソウ、ヒレハリソウ(コンフリー)、 フキタンポポ、ペンペングサ
食べられる果物
メロン、パイナップル、りんご、バナナ、イチゴ、パパイヤ

うさぎの飼い方Topへ戻る
うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > 食事、水、オヤツの与え方



ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」
http://www.rabbittown.sakura.ne.jp/
Copyright (C)2006,2007 ペットうさぎ専門ウェブサイト   うさぎといっしょ  All Rights Reserved

[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | Browser Game Station