うさぎの飼い方 「うさぎの飼い始めの注意点」〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト

ペットウサギ専門ウェブサイト「ウサギといっしょ」

うさぎの飼い方「うさぎの飼い始めの注意点」 〜 ペットうさぎ専門ウェブサイト

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > うさぎの飼い始めの注意点  

うさぎ飼育用品紹介

うさぎのニュースや写真画像、グッズ商品などのうさぎ情報をツイート。無言フォロー歓迎

飼い方ボタンうさぎを迎えてはじめの一週間

ウチにウサギを迎え入れたら、まずは準備していたケージのなかにいれます。 環境が変わって、緊張をしているので一週間ほどは、ケージの中でそっとしておいてあげましょう。 そうしないと、特に子ウサギなどの場合は、極度のストレスで死んでしまうこともあります。 子ウサギの時期にはストレスなどが原因の心臓発作による突然死の危険性がとても高いです。 環境に慣れるまでそっとしておいてあげないといけません。

環境に慣れるまでの一週間の間に、様子や糞の状態などを確認して、「元気があるか」 「下痢をしてないか」「食事をとっているか」など健康状態に気を配ります。

一週間が経って、新しい環境に慣れてきたら、ケージの外に出して、 トイレや抱っこのしつけ、ブラッシングや爪きりのグルーミングを開始しましょう。

[迎え入れてから1日目]
新しい環境で緊張しているので、ストレスを与えないように気をつけます。 静かな場所にケージをおいて、食事と水を与えるだけでそっとしておきます。 触ったり、ケージの外に出すのは厳禁です。 特に子ウサギの場合は、環境の変化などのストレスで 突然死してしまうことがあります。

[迎え入れてから2〜3日目]
エサの補給や水の交換など、最低限必要な作業だけにしておきます。 触れたりせず、外から眺めるだけでがまんします。 まだケージから出してはいけません。

[迎え入れてから4〜5日目]
ケージの中に入れたまま、手からエサを与えて徐々に人に慣れさせます。 また、軽く撫でたりするとよいです。おでこを撫でると特に喜びます。 ただし、短い時間にするなどストレスがかからないようにします。

[迎え入れてから1週間後]
初めてケージの外に出してみます。 その際、ウサギがかじりそうなコードや落下物など 危険なものが周りにないように気をつけます。 トイレのしつけや抱っこなどにも挑戦を始めるのもよいです。

【うさぎと仲良くなるコツ】
やさしく接する 決まった時間に触れ合う オヤツなど与える うさぎの個体差を理解
うさぎはとても臆病な動物。大きな声や乱暴に扱われると おびえてしまい、飼い主を怖がってしまいます。 優しく、怖がらせないようにコミュニケーションをとりましょう。 うさぎは時間に正確な動物。主な活動時間は朝方と夕方。 活動が活発な時間に触れ合う時間をとるとよいです。 一緒に遊ぶときにはウサギの大好きな果物やオヤツをあたえると ウサギは喜びます。 ウサギにも色々な性格がある。人懐こい子、活発な子もいれば、 人見知りや臆病な子もいます。それぞれのウサギにあった触れ合い方をしましょう。

うさぎの飼い方Topへ戻る

うさぎといっしょ > うさぎの飼い方 > うさぎの飼い始めの注意点
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」
http://www.rabbittown.sakura.ne.jp/
Copyright (C)2006,2007 ペットうさぎ専門ウェブサイト   うさぎといっしょ  All Rights Reserved

[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | Browser Game Station